WiMAXに申し込むなら、プロバイダから契約するのがお得

昨年に引っ越した際に、自宅のインターネット回線をWiMAXにしました。

それまで使っていたのはauの旧式のADSLで、いずれ終了するサービスだったので、解約料はゼロ円。

引越し先の住居はau光は対応していなかったため、フレッツ光かJ:COMか…と迷っていた時に、WiMAXというものがあることを知りました。

無線のインターネットサービスには通信速度や安定感に不安もありましたが、フレッツ光は料金が高いし、J:COM のインターネットの評判はイマイチです。

 

WiMAXは工事不要で即つながるというというスピードに魅かれて申し込むことにしました。

さらに調べてみると、WiMAXに申し込むなら、プロバイダから契約した方が、キャッシュバックがあってお得ということがわかりました。

 

WiMAXで契約できるプロバイダは、GMOとくとくBB、BIGLOBE、ヨドバシWirelessGateの3種類。

このうち、GMOとくとくBBが、2年契約でのキャッシュバックが30,000円で一番高く、月額料金も少し安くなるので、GMOとくとくBBから申し込みました。

店頭まで出向く必要がなかったのも便利でした。

 

端末は3日ほどで届き、すぐにつながります。

まる1年使っていることになりますが、思いのほか快適に使えています。

速度に関しては、以前使っていたADSLと同じレベルです。

 

WiMAXの便利な点は、モバイルルーターを持って行けば外出先でも使えることです。

実家の両親はインターネットとは無縁の生活を送っているので、帰省の度にパソコンが使えないことに不便を感じていましたが、その悩みが解消されました。

今のところ、私は引越しの予定はありませんが、固定回線と違って引越しの際は登録住所を変更するだけでいいので、引越しが多い人にはWiMAXは便利だと思います。

 

デメリットは、ルーターの充電をし忘れると使えなくなってしまうこと。最初の頃は煩わしく感じましたが、充電が習慣になった今では、それほど不便とは感じなくなりました。

固定電話は不要、引越しが多い、auのスマホを使っている、そして、動画はそれほど見ない、という人にはWiMAXは向いていると思います。

コメントは受け付けていません。