WiMAXは複数の端末利用で抜群のコスパを発揮

WiMAX利用者の体験レビュー

私がWiMAX回線の利用を考え始めたのは3年ほど前のことでした。

その頃にはスマートフォン、タブレット、パソコンと3台の端末を利用していましたが、それぞれの端末ごとにインターネット回線は別契約になっていましたので、3台の合計利用料金は15000円くらいかかっていました。

さらに仕事や副業のために、モバイルパソコンの利用を検討していたのでさらに利用料金はプラスになるかもしれませんでした。

仕事での利用もしている端末ですから、利用料金がかかっていまうのはやはりある程度仕方のないことだったのですが、それでもやはり大きな負担には感じていました。

それがWiMAX回線にすれば全ての端末をルーター1台で利用できることから利用料金は一挙に5000円以下になります。

まずWiMAX回線はコストパフォーマンスでは抜群であると言えます。

もちろんコストパフォーマンスという大きなメリットはありますが、回線のスピードや品質には不安がないわけではありませんでした。

それにWiMAX回線の契約ではほとんどが2年縛り以上であるので、一度契約してしまうと簡単には解約できないというデメリットもあります。

それでも、どうしても我慢できないくらいデメリットが大きいとなれば解約金を払えばいいや、というつもりで契約しました。

そして今でもWiMAX回線を利用しているということは、デメリットよりもメリットの方がはるかに大きかったという証拠でしょう。

確かに光ファイバー回線などと比べるとスピードや品質には不満がないではありません。

それでもヘビーユーザーでなければ十分我慢できる範囲に収まっています。

回線スピードや品質は時間が経てば経つほど改善されて来ましたし、これからも改善されていくことも間違いありませんから、これから今よりもスピードや品質に不満がプラスするということもないでしょう。

私にとってWiMAX回線はインターネットライフでなくてはならないものになったと断言してもいいと思います。

コメントは受け付けていません。