WIMAXは単身者にお勧めのインターネット回線

インターネット回線は光回線・ADSL・ケーブル・WIMAXと色々あり、どれにしていいか迷ってしまいますよね。
その人の環境によって最適なものは違いますし、インターネット回線選びはなかなか難しいものです。
そこで今回は単身者にはWIMAXがいかにお勧めか解説してみます。

WIMAXお勧めの一つ目は、契約の容易さですね。

WIMAXは固定回線を利用していませんから、回線導入工事はありません。
つまり工事費用はかかりませんし、申し込みから数日(ルーターが届き次第)で使用可能になります。
ルーターの電源が入りさえすればOKなので、充電出来る環境ならどこでも利用可能。
充電さえしておけば携帯可能ですし、自宅だけでなく野外・職場と場所を選ばずに使えます。

光・ADSL・ケーブルなら回線工事は必要ですし、手間も費用もかかります。
申し込みから開通まで半月以上はかかります。

単身者だと特に差を感じるのはADSLですね。
ADSLは電話回線を利用するものですが、単身者で固定電話を使ってる人って半数ほどです。
しかし20代の単身者で限定すると利用者は1割しかいません。
シニア層はインターネットをあまりしないでしょうし、実際にインターネットを利用する層限定でなら大半は電話回線を使っていない現状です。
一応電話回線無しでも利用出来るプランはありますが、料金は電話回線有の倍近くまで跳ね上がります。
安さがメリットのADSLなのに、なんだそれ状態です。

二点目は通信量です。

WIMAXは大体二つのサービスを提供しています。
通信量制限のあるノーマルプランと通信量制限のないギガ放題プランです。
ライトユーザーならノーマルプランでもOkですし、そこそこネットを使う人でもギガ放題で大丈夫でしょう。
ギガ放題の場合、3日間で10GB以上使用しないと速度制限には引っかかりません。

ただしこれは単身者だからこそです。
自分一人だけで考えると、3日間で10GB以上使用なんてまずありません。
しかしご家族がいたらそうもいきません。
ご自身・配偶者・子供の三人世帯でもキツイですね。
1日1GBペースで使用しても、3人なら1日で3GB=3日で9GBです。
数値だけで説明してもピンとこないでしょうが、3日3GBで通信制限が掛かっていた頃は苦情の嵐でした。
そういった経緯から、WIMAXは単身向きだと考えるべきですよね。

三点目は移転時の手続きがとても楽

単身者の場合、引越しする機会って結構あるんですよね。
自分一人ですから気分転換に引越しすることも可能。
会社から転勤を命じられる事もあります。
その時に面倒なのがインターネット回線の移転手続きです。

固定回線なら移転手続きは面倒ですし、一度契約を打ち切った方が早いってことも多々あります。
それに申し込みから開通まで日程がかかりますし、引っ越してから半月以上ネットが出来ないなんてことも。

その点WIMAXは便利です。
移転先がサービス提供エリア内なら、そのまま利用出来ます。
登録してる住所を変更するだけなので、手続きらしい手続きは無しです。

WIMAXにも不便な点はあります。

通信量制限を越えて使用すると、通信速度が極端に遅くなります。
月額料金も光回線よりは安いものの、ADSLよりは高めです。

単身者の私が実際にWIMAXを利用してみて感じたのはこんな所ですね。
ただ利用料金は少しだけですけど節約出来てます。
WIMAXルーターをスマホと合わせて携帯することで、スマホ利用プランを通信量の少ない安いものに変更出来たからです。
単身者でネット回線どうしようかな~なんて悩んでる方は是非WIMAXも候補に上げて考えてみてください。

コメントは受け付けていません。